公園墓地は公園でもある

公園墓地は全体が3分2が園庭というもので、東京でいえば雑司ヶ谷霊園や青山霊園といったところのようです。公園墓地の雰囲気を知りたい場合、例えばこのページをご覧いただくと写真が見られるかと思います。
小平霊園は森林霊園だそうで、公園墓地とはちょっと違うそうです。
お参りにいって公園でブラブラするというようなことができるのが公園墓地だと思います。

都営でも民間でも公園が3分の2あれば公園墓地と呼ぶそうなので、とにかく広いという印象です。
青山や雑司が谷には有名人のお墓があるので、そういったところをお参りして公園を散策するのもいいと思います。

広いので高齢者がお参りするのは大変だという人もいます。
公園墓地の中を走るバスなどを完備している場所もあるようなので、公園を歩くのは辛いという人は利用するといいと思います。

 

公園墓地

 

また、公園墓地ということで公園を利用する人もたくさんいますし、中にはテニス場などがあるような場所もあるそうで、静かにお参りがしたいという人には不評だったりするそうです。
うるさいというのもあるでしょうし、お墓参り以外の人がたくさんいるのも違和感をもってしまうのかもしれません。

一方で花があったり明るい雰囲気だったりと、暗いイメージがイヤという人にはとても向いていると思います。

 

費用の方は、その地方やアクセスの良し悪しが関係してくるそうです。
また、人気のある場所などは倍率も高くなっているそうです。

墓石の方は、その墓地の雰囲気によるようで、和風の墓石が多いところと、洋風の墓石が多いところと様々だそうです。

ただ、墓石は自由に選んでもいいようなので、いろいろ考えるのもいいかと思います。
好きな言葉を刻んだり、故人の好きだったものを形どりたいという場合もあると思います。

いろんな選択肢があるのもいいような気がします。