いろいろなお墓事情

お墓を持ちたくない人も増えたそうです。
お墓を立てたくないという場合は、納骨堂を選ぶのもいいかと思います。

納骨堂とは、遺骨だけを収蔵する場所のことをいいます。
墓石が不要です。
納骨堂を利用する人は増えたようで、知り合いや親戚が納骨堂に入っているという人もいるかと思います。

お墓の継承者がいないということで納骨堂を選ぶ人も増えています。
納骨堂は継承を目的としていない永代供養が前提となっているそうです。
ほとんどの納骨堂が夫婦のみとか、夫婦と子どものみというように、一代、とか二代の使用期限を設けているそうです。
経営母体は、宗教法人、地方自治体、公益法人とがそれぞれ行っているそうです。
費用の面でも、一般的なお墓よりも安く、都心部からのアクセスが便利という場所が多いようです。
散骨をしたいという人も増えたような気がします。
散骨というのは、遺骨を粉砕して海などにまくことだそうです。

海に撒くことを海洋葬と呼ぶそうです。墓標となる樹木の根本に撒くこともあるそうです。
環境の問題から、漁場や取水地の近くは避けるようにしているそうです。

樹木葬というのは、墓標として植えた樹木の根本に遺骨を埋葬することだそうです。
個人や家族単位で利用するものから、大きな区画に複数の遺骨を埋葬するタイプがあるそうです。
継承をしないということで、散骨と似ていますが遺骨を撒くわけではなく、埋葬するところが違います。自然に還ることになるので、とても人気があるそうです。

海洋葬や樹木葬など散骨をする場合は、手元供養というものを考えたらいいそうです。
気持ちとして、ご先祖様に手を合わせたいということで、お骨の一部をペンダントにしたり、小さな骨壷にして手元に置いておくという方法もあるそうです。