お墓はいろいろ選べる

お墓は継承者がいなくても立てられるそうです。
故人に家族や継承者がいなくても供養を続けてくれる永代供養墓、管理費が支払われている間は継続して使用できる永代使用墓というものです。

永代供養墓と永代使用墓は言葉は似ていますが、大きな違いがあるそうです。

永代使用墓は供養と管理費の支払いを続けてくれる継承者がいることが前提条件だそうです。
このようにお墓の継承者がお金を支払っている限り無縁墓にはならないということです。
管理費を生前、自分で前払いするという方法もあるそうです。

永代供養墓の場合は料金は10万円から100万円くらいまでと言われています。
子どもがいないとか、お墓を守ってくれる人がいないとか、こだわりのない人は、お墓を立てるよりも安価ということもあって選ぶ人も多いそうです。
子どもがいても負担をかけたくないという理由で永代供養墓にする人もいるそうです。
また夫と同じ墓に入りたくないという妻の話を聞くことがありますが、それはもちろん可能です。
息子夫婦や娘夫婦のお墓に入る人もいるそうです。

ただ、お墓の管理者とお墓の使用者の両方の許可が必要だそうです。寺院墓地の場合は、名字が同じじゃないと同じ墓に入れないということもあるそうです。
使用者が嫌がっているという場合も入ることができないそうです。

先祖代々のお墓が遠方にあると、身近なところにお墓を立てたいと望む人も少なくないそうです。
先祖のお墓はどうするのか、新しく立てた夫婦のお墓を継承するのはどうするのかをよく考えなければいけないそうです。
将来、無縁墓になると墓石は撤去されて合葬になるそうです。
もしそうなるならば、お寺さんに予め相談しておいた方がいいと思います。
その際に、永代供養のことなども相談したらよいそうです。