改葬にかかる費用

改葬は、お墓をひとつ用意するということでいろいろな手続きが必要になってきます。
新しいお墓にお金がかかりますし、閉眼供養、開眼供養をする際にもお金がかかります。

閉眼供養とは、礼拝対象としてのお墓から、ただの墓石に戻すための儀式だそうです。
反対に、開眼供養とは、ただの墓石を礼拝の対象とするための儀式だそうです。

これはお布施になるそうです。なのでいくら渡すかはっきりとした相場がわからないので、菩提寺に聞いてみる必要があるようです。

 

ある調査では改装費用の平均額は283万円という結果が出ているそうです。
移転費用が32万円、移転先での費用が231万円、その他が20万円という内訳だそうです。
移転先では墓地使用料や墓石工事などの料金が入ってきます。
お布施である閉眼供養と開眼供養が含まれているのですが、それでもかなりの高額だと思います。
改葬には使用許可証や受入証明書など、新しいお墓を使用することがわかる書類が必要だそうです。
現在のお墓がある市町村区役場から「改葬許可申請書」をもらうそうです。
その申請書には「埋葬・埋蔵証明」欄があるそうなので、そこに管理者の署名と押印をしてもってください。

現在のお墓の管理者に「埋葬・埋蔵証明」をしてもらわないといけないそうです。
寺院墓地の場合はそのお寺の住職が管理者となっていると思います。ここでトラブルになってしまうと「埋蔵証明」がもらえなくなるそうです。
お墓の管理者に証明してもらった「改葬許可申請書」を現在のお墓がある市区町村役場に提出するそうです。
そこで「改葬許可書」を発行してもらうそうです。
その後、遺骨を取り出します。
ここですべての遺骨を取り出す場合は、閉眼供養をおこなうそうです。

新しいお墓の管理者に「改葬許可書」を提出するそうです。
新しいお墓に納骨する場合は、開眼供養を行うそうです。
そして納骨をします。