お墓がある人が抱える不安

お墓がある人にとってもお墓の継承は不安なものです。

また、一人娘が嫁いだら、お墓を継ぐ人はいなくなるという心配をするご家庭もあるようです。

またお墓までの距離が遠すぎて、年に一度のお参りすらままならないという話もよく聞きます。

お墓があっても、お墓を託す子どもたちのことが心配なようです。

親がお墓のことを託しても、親はお墓に入っているので、結局は子どもたちにすべて任せることになるかと思います。

その子どもたちがどのように継承していくかを考えても仕方ないかもしれません。

親がいくら実家の墓に入りたいといっても、その子どもたちが遠くに住んでいたらお墓を守るということができなくなる場合もあると思います。

実際、世話ができなくなったお墓が朽ち果てて放置されているというニュースも見かけます。

もし親との話し合いができるなら、お墓の継承問題も話し合った方がいいのかもしれません。

改葬や分骨を考えたり、檀家と菩提寺を引き継ぐかどうかも話し合うべきです。

そして存続していくコストがどれだけ必要なのかも家族で考えたほうがいいといいます。

ただ、親に将来無縁墓になるかもしれないから、という話もし辛いものです。

親、そして自分たち世代、その子ども世代とお墓はずっと継承されるものと考えられていましたが、決してそうではないということもわかり合う必要があると思います。

いろいろな形態のお墓があるので、考えてみるのもいいかもしれません。

田舎に先祖代々のお墓に入れる場合もありますし、お墓の整理をする必要が出てくることもあります。

親族との調整もありますし、親戚との兼ね合いもでてくるかもしれません。

お墓を継承するということを真剣に考える必要もあるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です