墓の不足

ある民間団体の調査では、都内で10万人ほどが1年間に亡くなっているという風に言われており、そのうちお墓を都内に建てたいと考えている人は、2万人以上に上るため途中準備する手筈が整わず骨壺をいつまでも落ち着いた場所に安置することができないというケースがあるようですね。現在では1年間に東京都内なので新たに提供することが出来るお墓は1万にも満たずほとんどは東京都の外や東京郊外にお墓を新たに探さなくてはならないという事態に直面していることはあまり知られておらず、実際に、自分の近しい人が亡くなり墓を探すという風になってから、このような問題に気づく人が多いという風にも聞いたことがあるような気がします。そのような中で、最近、東京都が経営する霊園などが多数の募集を出したのも、東京都の納骨スペースの不足を物語っているものであるというふうに考えて良いのではないかと思われます。自分自身が思い描く、理想のお墓としてどのようなものが良いのかということを考えた上で、その理想のお墓に一致するものが果たしてスペースが空いているのかということも考えなくてはならない、ということは完全に需要と供給が合っていない部分があるかもしれませんし、今後は、高齢化社会に伴って、お墓を準備する数も当然のことながら増えていくことが予測できるわけですから、このような傾向が力強く続いて言ってしまうというふうに、考えられることは間違いありません。最近では、都内であれば、奥多摩の霊園などが人気で、春になれば桜の木が咲き誇るなど気軽に親戚などが足を運びやすい点もポイントとして高い、という風に言われているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です