散骨の不安点

樹木墓は、様々な埋葬の仕方があり、骨壷をそのまま樹木の下に入れることで埋葬する場合もあれば、直接遺骨を木下に巻くことで散骨をするというケースもあるようです。このような場合ですと、他の人の骨と一緒に混じることになるため、そのようなものがあまり望ましくないという風に考えている人であれば、骨壷を木に置いてもらうというケースを取るのが良いのではないかと考えられます。いわゆる、自分自身が自然に帰るという考え方を強く持っている人であれば、木の根元に直接埋葬されるということが理想である、というふうに考えていることが多いかと思われますが、様々な理由から数十年後に改めて埋葬し直したいという風になった場合には、骨を取り戻すことができないため、取り返しがつかないということも注意点の一つであるという風に言えるかもしれません。樹木墓だけではなく、散骨の方法は様々で自分が好きだった山に散骨して欲しいとか、広い太平洋の真ん中で散骨をしてほしいというようなお願いを生きているうちにする人がいるようです、が、実際にもう一度埋葬し直したり、親戚の意見が変わったりした場合などに骨を取り戻さなくてはならないもう一度墓を掘りを起こさなくてはならないというようなケースは、決して珍しくありません。そのような際に骨がないという風になってしまうと、まずいわけでしっかりと親戚などと相談をした上で十分に、子供や下の世代の承諾を得た上で実行することが重要だということは言うまでもなく考えられると言えるのではないでしょうか。樹木墓は公園も兼ねることができるため、今後都内などでも広がっていく見込みがあるという風に言えそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です