宗教の葬儀アレコレ

「神道」では、納棺の際、遺体を棺に納め、周りに生花を置き、白い布でおおうというのが一般的なようです。そうして出棺までは1日2回欠かさず拝礼をするのが習わしとされているようです。また、「キリスト教」の場合、神父さんや牧師さんを招いて儀式を行なうようです。遺体に聖水をかけたり、棺の中に十字架を入れたりするなど、同じ「キリスト教」であっても、信仰している宗派によって儀式は異なるようです。また、「仏教」の場合、戒名を依頼しなければならないでしょう。戒名というのは、格により御布施も変わってくるようです。その後の供養などにも影響してくるため、よく考えてから依頼するようにしましょう。そもそも「戒名」とは、本来であれば生前に授かるとされているものでありながら、現在では没後にいただくということがほとんどではないでしょうか。現在では、お通夜までに菩提寺につけてもらうことが多いのではないでしょうか。また、戒名は宗派によって呼び方が違うとされており、浄土真宗では法名、日蓮宗では法号と呼ばれているようです。戒名には格が存在しており、そのランクにより、菩提寺に払う謝礼も変わってくるようです。戒名のランクが高ければ高いほど、後々の法要で必要となってくる御布施も高くなることがあるということを踏まえた上で、家族間でよく相談して決めると良いでしょう。戒名で謝礼をいくら払えば良いのか悩んでしまった場合、親戚に相場を確認してみるのも良いのではないでしょうか。また、僧侶に直接聞いてみるというのも確実で安心かもしれません。お墓などの希望と共に、故人の希望などから戒名をつけずに葬儀を行なう場合もあるでしょう。しかし、戒名がない場合、菩提寺に納骨できないという場合にもなりかねないため、菩提寺ともよく相談しておくと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です