戒名

仏教での葬儀の場合、菩提寺に依頼して「戒名」を授けてもらうというのが昔ながらの習わしと言えるのではないでしょうか。この「戒名」には格と呼ばれるランク付けのようなものがあるようで、男性の場合、戒名の格は、信士、居士、大居士、信女、大姉、清大姉といった順で高くなっていくようです。院号と呼ばれるように「~院」というのが頭についた場合、より格は高くなると言われています。院号というものは、本来はお寺に大きく貢献した地位や身分のある人のみにつけられるものとされているようです。戒名は、住所や場所などを表す院号や院殿号、生前の雅号やペンネームなどを表す道号、本来の「戒名」にあたるとされる、俗名や故人にまつわる字を使用する法号、仏教徒としての位を表し、性別や年齢で違うとされ、成人男性は大居士、居士、大禅定門、禅定門、清信士、信士などが使用され、成人女性は、清大姉、大姉、大禅定尼、禅定尼、清信女、信女などが使用される位号というもので構成されているようです。戒名の有無は、その後お墓へ入れるかどうかというところにも関わってくるため、不明な点などがある場合には必ずお寺さんに相談することが重要でしょう。戒名は、仏教特有のものなので、故人しか信仰のない場合には、考え込まずに周りの経験者や菩提寺に直接問い合わせてみると良いでしょう。わからないままうやむやにしてしまうと、後々の供養で取り返しのつかないことになってしまいかねないでしょう。葬儀のことも同様ですが、信頼できる専門家を選び、しっかりとわからないことをクリアにしながら準備を進めることが重要かもしれません。故人の意思を大切にしつつ、家族が寄り添って見送れるよう、慌ただしい中でも十分に準備できる環境を整えることが望ましいのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です