通夜

基本的に、葬儀前日に行なわれる故人との別れの儀式のことを「通夜」と呼び、近年では3時間程度行われるのが一般的と言われているようです。お通夜の流れというのは、葬儀の形式によって変化してくると言えますが、仏教式の葬儀を行うときには次のような流れで進むと思っておいて間違いはないでしょう。
①僧侶との打ち合わせ。この時、僧侶を丁寧にお迎えすることが重要であり、失礼のないようにお迎えできるように準備しておくと良いでしょう。
②通夜開始の1時間前に受付を始める。受付は、親族が行うのではなく、世話役などをお願いして、参列者の対応をしてもらうように努めましょう。
③参列者には開始時刻よりも余裕を持ち入場してもらうよう促し、着席してもらう。出来るだけスムーズに式が始められるようにアテンドすることが重要でしょう。
④開式
⑤僧侶入場、読経。
⑥喪主、遺族、親族、弔問客という順番でお焼香。
⑦僧侶から法話を頂戴する。
⑧僧侶退場
⑨喪主あいさつ。
⑩通夜ぶるまい。
以上が一般的に見られる流れになるでしょう。通夜の前には、必ず葬儀会社と最終打ち合わせを行うことになるでしょう。ここでは、葬儀後、遺骨を納骨する霊園や墓地などの手続きなどは一旦置いておいて、通夜の確認をしましょう。祭壇や供物、供花、席順といった段取りなどに不備がないか、返礼品や香典返し、心づけの準備といったものについて確認をしておきましょう。通夜の間は、遺族と故人の最期の別れになるため、故人から離れないのが通例と言われています。弔問客の対応などは世話役や葬儀会社の方に任せておくと良いでしょう。お焼香などの時に弔問客からお辞儀をされた場合にも、遺族席から軽く会釈をするといった対応で大丈夫とされているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です