寄贈という供養

遺品整理を行なうに際して、遺品を寄贈できる施設がないかというのを探してみるのもよいのではないでしょうか。寄贈できるものとしては、骨董品など時代的価値があるものだけでなく、本などは図書館、衣類や家具などは福祉施設にといったように、寄贈できるものや寄贈先はたくさんあると言えるでしょう。処分してしまう前に市民活動団体などに確認を取ってみるのも良いのではないでしょうか。蔵書や資料、コレクションなどといったものは、同じ趣味を持つ団体や研究施設などに寄
贈するとたいへん喜ばれることがあるようです。まだまだ着ることのできる衣類などは、福祉施設や海外支援団体で衣類協力を行なっている可能性もあるため、問い合わせてみると良いでしょう。形見分けで友人や知人に送るというのも供養として大切ですが、その後に手元に残っていてもどうすることもできない品物などは、出来るだけ寄贈するという手段を取るのも、故人にとって供養になるのではないでしょうか。高価なものは売るという手段もありますが、そういった場合には、故人に還元できるよう、公園墓地や霊園などのオプションをつけるなどする方向を考えていけると良いのではないでしょうか。近年では、寄贈する先を探すにもインターネットなどを利用して簡単に見つけることができるため、気軽に行えるのも良いのではないでしょうか。自身では使わないからといって処分してしまっては、故人の思い入れまで処分してしまうようで少し悲しい気持ちになってしまうでしょう。地域や世界レベルで遺品を活用できれば、故人も嬉しい気持ちになってくれるのではないでしょうか。家族で相談し、検討してみるのも良い時間になるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です