位牌と仏壇

普段、あまり気にしていないかもしれませんが、位牌と仏壇の基礎知識として、一般的に、四十九日の法要が終わるまで使用される位牌は「仮位牌」と呼ばれ、法要後、仏壇に納めるものは「本位牌」と呼ばれているようです。位牌というのは、故人の魂が宿る依代とされており、表側に故人の「仏名」または「戒名」、そして「没年月日」が印字され、裏側には、「俗名」と呼ばれる故人のこの世での名前と、行年が入るとされているようです。行年というのは、亡くなったときの年齢のこととされ、必ず書かなければならないというわけではないようです。仏壇というものは、故人と対話し、供養するものとして扱われているのが一般的ですが、本来は、信仰している本山の仏像を杷るためのものとされているようです。簡単にいうと、家の中にあるお寺のような存在と言えるでしょう。仏教では、亡くなった人は仏の弟子になるという考え方や教えがあるため、位牌を仏壇に納めるとされているようです。亡くなった直後に作られる位牌は「仮位牌」といい、白木で作られていることが一般的でしょう。そして、四十九日の法要のときに、僧侶によって仮位牌から「本位牌」へと魂を移されることになるでしょう。それまで使用していた仮位牌は菩提寺で焚き上げてもらい、本位牌の開眼供養を行なう流れになるようです。本位牌を制作するには時間がかかってしまうため、四十九日に間に合うように、早めに仏具庖に依頼をするように心がけておくことが大切でしょう。公園墓地や霊園、納骨堂など、墓地を選ぶ際には、菩提寺との関係などもあり、場合によっては菩提寺での供養が行えなくなってしまう可能性もあるため、あらかじめ確認しておきましょう。全ては故人の供養のためです。間に合わせで済ますことなく、慎重に準備を進めていくことが望ましいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です