改葬費用

改葬費用は大別すると、旧墓地を更地にする費用、新墓地で墓石を建立する費用、そして雑費の3つがあります。このうち旧墓地関連の費用を具体的にイメージするのは難しいかもしれません。最初に掛かるのは、遺骨を取り出すための費用です。意外に思われるかもしれませんが、取り出すだけでも石材店に依頼しなければならないのです。次に請求されるのは墓石の撤去工事費用と更地化費用です。墓地を運営会社に返す時は、墓石をそのままにしないのが原則です。撤去工事費用には相場がありますが、立地によっては高額にのぼることがあります。ですから業者の選定には気を付けましょう。運営会社側で紹介してくれる場合は、そこに任せるのが無難です。さて、旧墓地から撤去した石碑はどうなるのでしょうか。新墓地用に新しい石碑を購入したのであれば処分する他ありませんが、古いものを使い回したい時は運搬することになります。つまり運搬に掛かる費用も発生するのです。料金は移動距離に関係すると考えて差し支えありません。運び手は旧墓地で撤去に従事した業者、もしくは新墓地で建立に従事することになる業者になります。後々トラブルにならないように、予め取り決めておくと良いでしょう。ところでお墓の引っ越しと並行して別途発生する費用もあります。それが檀家付き合いに伴う費用です。旧墓地が寺院墓地である場合、いわゆる離檀料を寺院に納めることになります。離檀料は信徒としての感謝の気持ちを伝えるための慣わしで、あくまでもマナーに過ぎず、正式に請求されるわけではありません。ですから支払うタイミングは任意ですが、なるべくスムーズに支払えるように準備しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です