改葬費用

改葬費用は大別すると、旧墓地を更地にする費用、新墓地で墓石を建立する費用、そして雑費の3つがあります。このうち旧墓地関連の費用を具体的にイメージするのは難しいかもしれません。最初に掛かるのは、遺骨を取り出すための費用です。意外に思われるかもしれませんが、取り出すだけでも石材店に依頼しなければならないのです。次に請求されるのは墓石の撤去工事費用と更地化費用です。墓地を運営会社に返す時は、墓石をそのままにしないのが原則です。撤去工事費用には相場がありますが、立地によっては高額にのぼることがあります。ですから業者の選定には気を付けましょう。運営会社側で紹介してくれる場合は、そこに任せるのが無難です。さて、旧墓地から撤去した石碑はどうなるのでしょうか。新墓地用に新しい石碑を購入したのであれば処分する他ありませんが、古いものを使い回したい時は運搬することになります。つまり運搬に掛かる費用も発生するのです。料金は移動距離に関係すると考えて差し支えありません。運び手は旧墓地で撤去に従事した業者、もしくは新墓地で建立に従事することになる業者になります。後々トラブルにならないように、予め取り決めておくと良いでしょう。ところでお墓の引っ越しと並行して別途発生する費用もあります。それが檀家付き合いに伴う費用です。旧墓地が寺院墓地である場合、いわゆる離檀料を寺院に納めることになります。離檀料は信徒としての感謝の気持ちを伝えるための慣わしで、あくまでもマナーに過ぎず、正式に請求されるわけではありません。ですから支払うタイミングは任意ですが、なるべくスムーズに支払えるように準備しましょう。

改葬費用

改葬費用は大別すると、旧墓地を更地にする費用、新墓地で墓石を建立する費用、そして雑費の3つがあります。このうち旧墓地関連の費用を具体的にイメージするのは難しいかもしれません。最初に掛かるのは、遺骨を取り出すための費用です。意外に思われるかもしれませんが、取り出すだけでも石材店に依頼しなければならないのです。次に請求されるのは墓石の撤去工事費用と更地化費用です。墓地を運営会社に返す時は、墓石をそのままにしないのが原則です。撤去工事費用には相場がありますが、立地によっては高額にのぼることがあります。ですから業者の選定には気を付けましょう。運営会社側で紹介してくれる場合は、そこに任せるのが無難です。さて、旧墓地から撤去した石碑はどうなるのでしょうか。新墓地用に新しい石碑を購入したのであれば処分する他ありませんが、古いものを使い回したい時は運搬することになります。つまり運搬に掛かる費用も発生するのです。料金は移動距離に関係すると考えて差し支えありません。運び手は旧墓地で撤去に従事した業者、もしくは新墓地で建立に従事することになる業者になります。後々トラブルにならないように、予め取り決めておくと良いでしょう。ところでお墓の引っ越しと並行して別途発生する費用もあります。それが檀家付き合いに伴う費用です。旧墓地が寺院墓地である場合、いわゆる離檀料を寺院に納めることになります。離檀料は信徒としての感謝の気持ちを伝えるための慣わしで、あくまでもマナーに過ぎず、正式に請求されるわけではありません。ですから支払うタイミングは任意ですが、なるべくスムーズに支払えるように準備しましょう。

遺骨の取り出し

お墓はその継承者の許可を得ずに取り扱うことは禁じられています。例えば遺骨を勝手に取り出せば罪に問われる可能性もあります。何故なら、遺骨の所有権は法によって規定されているからです。具体的には、祭祀を主催する者が所有者と見做されます。法的に問題があるのは遺骨の取り出しに限りません。改葬も勝手に行うとトラブルの元になります。基本的には所有者の許可さえ取り付ければ法的には問題ありませんが、主要な関係者、親族の同意を得た方が無難でしょう。さて、所有者の許可を確実に取り付け、各種手続きも済ませれば、晴れて改葬することが出来ますが、ケースによっては大仰な引っ越しではなく、単に骨壺を移動させたいだけのこともあるでしょう。実は改葬で一番多いのはこのケースなのです。ではその他の改葬としてはどのようなものがあるのでしょうか。一つは骨壺に加えて石碑も移動させるケースです。今一つは骨壺はそのままにして、中の遺骨だけを移動させるケースです。俗に分骨と呼ばれるのがこのケースに当たります。もし石碑まで移動させるとなると、大々的な引っ越し作業になります。新墓地が石碑を受け入れてくれないこともありますから、事前に下調べしておくことが欠かせません。そして墓地そのものも探さなければなりません。それに対して分骨は楽な作業で済ませられます。但し管理者から分骨証明書を発行してもらう必要はあります。この証明書が無ければ、新墓地で受け付けてくれません。ところで改葬に掛かる費用はどれくらいにのぼるものなのでしょうか。総費用を大別すると、旧墓地関連の費用、新墓地関連の費用、雑費の3つが考えられます。そして費用の高低は改葬方法と墓地使用料とが大きく関係するため、相場を簡単に算出することはできません。また遠方への引っ越しとなると雑費も跳ね上がりますから、ますます想定するのが難しくなります。

近親者の病気

近親者の中に大病を患っている人がいても、決して焦ってはいけません。人間は誰もが必ず死ぬ運命にあります。神様が決められた死期に逆らうことはできないのですから、落ち着いて最後の時を迎えられるように、事前に葬儀の準備に取り掛かるようにしましょう。特に医師から余命を告げられているようなケースでは、本人も近い将来の弔いを覚悟しているため、残りの時間を安らかに過ごす中で葬儀に関心が向かうことになります。その場合、近親者が空気を読んで葬儀業者に相談するのはむしろ自然なことです。もちろん本人をその相談の場に招き入れるかどうかは近親者のご判断によりますが、いずれにしてもなるべく早く準備し始めると不安が解消され、最後の時を迎える覚悟も出来上がります。では数多の葬儀業者の中から、どのように相談相手を選べばよいのでしょうか。具体的な選び方は余白の都合で省きますが、葬儀業者としても全く付き合いのないお客様を相手にアドバイスするのは、本当は緊張を強いられるものです。業者は葬儀の専門家ですから、不動産の購入や相続問題、民事・刑事事件といった相談内容と同じく、プロとして相談を受け、お答えします。我々は本来、赤の他人にまるで親友のように親身になってアドバイスしなければなりませんから、そのスキルに欠けると思われる業者にはなるべく依頼しない方が良いでしょう。最初の相談時に大体の反応で見分けることが出来ますから、是非注意深く観察して下さい。

墓石の劣化

墓石の劣化を認めた時は、速やかに修繕しなければなりません。もしそのままにしてしまうと、劣化箇所から雨水等が入り込み、納骨室にダメージを与えてしまいます。納骨室はそれほど頑丈ではありませんから、最悪の場合、崩壊することもあります。特に昔に建てられたお墓は石材が硬くないため、小さな地震等ですぐに壊れかねません。最近は頑丈な墓石を売りにしている石材店もありますが、それは昔の石材が柔らかかったことを意味しているのです。墓石をなるべく長く持たせるためには、日頃から清掃を怠らないようにする他、勝手な艶出し等を控えることも大切です。艶出しはたとえ業者に任せても、薬品を用いて磨くことになります。薬品は強力ですから、含まれる成分が墓石を傷つけることになります。法要の前に綺麗にしたいという気持ちは分かりますが、艶出しはなるべく控えた方が良いでしょう。どうしても親戚に対して恥ずかしい場合は、丁寧な拭き掃除でやり過ごすのがお勧めです。さて、お墓は継承して管理することもありますが、新しく自分の代で建てることもあります。新しく建てるとなると、準備しなければならないことは沢山ありますから、事前によく勉強しましょう。そして勉強と並行して、家族とよく相談するように心掛けます。自分の代から始まると言うことは、子どもたちを始め、子孫が管理していくことになります。継承予定者が納得できるお墓を選んで購入するためにも、話し合いは欠かせません。筆者がお勧めする相談のタイミングは、寺院に足を運ぶ前の段階です。現物を目の前にすると、先走って契約してしまう可能性があるからです。

民営墓地について

社団法人などの、民営団体が経営する墓地である場合には、利用者が圧倒的に多いため、様々に工夫がなされているというケースも多いという風に聞いたことがあるような気がします。駐車場などがきちんと整備されているのは、もちろんのこと憩いの場としての休憩所や遊歩道などの休むためのスペースは、もちろんのことを子供のためのアトラクションなどが小さく完備されているケースなどもあり、決して訪れる人を暗い気持ちにさせることのないように配慮がなされている場合も多い、という風に言われています。とにかく明るいイメージをきちんと持たせることで利用者にとって明るい場所であるということを、印象づけるような狙いがあるようにも、見受けられるのではないでしょうか。そして、民営ならではの動きとしては、比較的新しく増設された場所を墓地という風に作り変える場合が多いため、各自治体が運営している墓地などと比べて、比較的利用が簡単であるというようなケースもある、というふうに聞いたことがあるような気がします。そういう意味では、各宗派にとらわれない様々な人にとって、利用しやすい持ちとなる可能性を秘めているという風に言えるかもしれませんね。しかし、国が経営するものとは大きく異なっている点として、基本的には、利用するための費用が高いということは、仕方のないことであるかもしれません。当然のことながら、ビジネスとしてこのようなお墓の経営を行っているわけですから、ある程度のお金が稼がなければ管理会社としての経営も成り立ってないということを覚えておく必要があるという風に言えるかもしれません。

 

兵馬俑

世界的に有名なお墓と聞くと、日本人はピラミッドや欧米のお墓を思い浮かべるかもしれませんが、隣の中国にも大規模なお墓が存在します。それは始皇帝が造らせた皇帝陵と兵馬俑です。実はこのお墓は昔から観光地であったわけではなく、70年代に入って初めて発掘されました。それまでは存在すら知られていなかったのです。始皇帝陵は非常に大規模なため、建設当時は40年前後を費やして完成に至ったと考えられています。地上で見えている部分はほんの一部で、地下に立派な宮殿が隠れています。ただ始皇帝陵の特徴はその規模に留まりません。どちらかと言えば周囲の兵馬俑の方が有名です。兵馬俑は始皇帝と共に埋葬される副葬品であり、人間の形をした像を指します。兵馬俑は眠る始皇帝の周囲に1万弱も埋められており、その数に圧倒される観光客は少なくありません。兵馬俑の凄いところは、その数だけではありません。驚くべきことに、1体ごとに表情や装飾品が異なっているのです。どれほどの手間を掛けて製作されたのかは想像できませんが、中国の技術の高さを物語る遺跡と言えるでしょう。さて、中国のお墓について見てきましたから、ここで韓国のお墓について触れることにしましょう。韓国は儒教が根付いた国ですから、お墓もその影響を受けています。土葬が主流であり、土を丸く盛ることでお墓と認識させます。何故土葬なのかというと、儒教では遺体は土に還り、魂がそこから天に向かうと考えるからです。つまり火葬してしまえば魂まで殺してしまうというわけです。基本的には家族単位で埋められるのが韓国の伝統であり、その点は日本と似ています。血族に対するこだわりが強く、家族皆が埋葬されるように広めの土地をわざわざ購入することもあります。ただ韓国も2000年代以降急速に経済成長したことで都市化が進み、最近は火葬を選択する人も増えています。火葬すれば広い墓地でなくても埋葬できますから、日本のように納骨堂に注目が集まっています。

仏壇と神棚

よく耳にする疑問として「仏壇と同じ部屋に神棚を置いていいのでしょうか?」といったものがあるようです。なんとなくいけないのではないかと考えがちですが、実は、仏壇と神棚は同じ部屋に祀っても大丈夫と言われています。反対に言ってしまえば、仏壇や神棚というのは、家の中で一番よい部屋に飾ることが良いとされ、実際に同じ部屋に置いている家は多くあると言われています。しかし、ここで注意しなければならないのは、仏壇と神棚を「向かい合わせにしない」ということでしょう。並ぶ分には問題はありませんが、向かい合わないような配慮が必要でしょう。仏壇というのは、さまざまな仏具で飾られているものというイメージがあるでしょう。ここで最も重要なのは、「本尊」と呼ばれる、信仰の対象となる仏の彫刻ではないでしょうか。ほかに最低限必要とされているものは、位牌と三具足、鈴と鈴棒でしょう。飾る際には、まずここから準備すると良いでしょう。神道においては「位牌」は使用せず、その代わりとなる「霊璽」を使用するそうです。忌明けである五十日祭に御霊を移す「合祀祭」という儀式を行うのが一般的な流れとなるでしょう。キリスト教においては、「位牌」のような存在となるものはとくにないと言われています。あえて飾るとすれば、遺影や思い出の品などでしょう。故人を偲ぶものを飾って供養を行なうのがキリスト教と言えるでしょう。宗教のしきたりなどによって、墓地の種類も公園墓地や霊園、納骨堂などというように制限がある場合もあるため、信仰している宗教がある場合には、葬儀をする前にきちんと確認しておくことが必要と言えるでしょう。宗教によって葬儀の形式も異なるため、まず一番に確認しておくと確実でしょう。

仏壇と神棚

よく耳にする疑問として「仏壇と同じ部屋に神棚を置いていいのでしょうか?」といったものがあるようです。なんとなくいけないのではないかと考えがちですが、実は、仏壇と神棚は同じ部屋に祀っても大丈夫と言われています。反対に言ってしまえば、仏壇や神棚というのは、家の中で一番よい部屋に飾ることが良いとされ、実際に同じ部屋に置いている家は多くあると言われています。しかし、ここで注意しなければならないのは、仏壇と神棚を「向かい合わせにしない」ということでしょう。並ぶ分には問題はありませんが、向かい合わないような配慮が必要でしょう。仏壇というのは、さまざまな仏具で飾られているものというイメージがあるでしょう。ここで最も重要なのは、「本尊」と呼ばれる、信仰の対象となる仏の彫刻ではないでしょうか。ほかに最低限必要とされているものは、位牌と三具足、鈴と鈴棒でしょう。飾る際には、まずここから準備すると良いでしょう。神道においては「位牌」は使用せず、その代わりとなる「霊璽」を使用するそうです。忌明けである五十日祭に御霊を移す「合祀祭」という儀式を行うのが一般的な流れとなるでしょう。キリスト教においては、「位牌」のような存在となるものはとくにないと言われています。あえて飾るとすれば、遺影や思い出の品などでしょう。故人を偲ぶものを飾って供養を行なうのがキリスト教と言えるでしょう。宗教のしきたりなどによって、墓地の種類も公園墓地や霊園、納骨堂などというように制限がある場合もあるため、信仰している宗教がある場合には、葬儀をする前にきちんと確認しておくことが必要と言えるでしょう。宗教によって葬儀の形式も異なるため、まず一番に確認しておくと確実でしょう。

位牌と仏壇

普段、あまり気にしていないかもしれませんが、位牌と仏壇の基礎知識として、一般的に、四十九日の法要が終わるまで使用される位牌は「仮位牌」と呼ばれ、法要後、仏壇に納めるものは「本位牌」と呼ばれているようです。位牌というのは、故人の魂が宿る依代とされており、表側に故人の「仏名」または「戒名」、そして「没年月日」が印字され、裏側には、「俗名」と呼ばれる故人のこの世での名前と、行年が入るとされているようです。行年というのは、亡くなったときの年齢のこととされ、必ず書かなければならないというわけではないようです。仏壇というものは、故人と対話し、供養するものとして扱われているのが一般的ですが、本来は、信仰している本山の仏像を杷るためのものとされているようです。簡単にいうと、家の中にあるお寺のような存在と言えるでしょう。仏教では、亡くなった人は仏の弟子になるという考え方や教えがあるため、位牌を仏壇に納めるとされているようです。亡くなった直後に作られる位牌は「仮位牌」といい、白木で作られていることが一般的でしょう。そして、四十九日の法要のときに、僧侶によって仮位牌から「本位牌」へと魂を移されることになるでしょう。それまで使用していた仮位牌は菩提寺で焚き上げてもらい、本位牌の開眼供養を行なう流れになるようです。本位牌を制作するには時間がかかってしまうため、四十九日に間に合うように、早めに仏具庖に依頼をするように心がけておくことが大切でしょう。公園墓地や霊園、納骨堂など、墓地を選ぶ際には、菩提寺との関係などもあり、場合によっては菩提寺での供養が行えなくなってしまう可能性もあるため、あらかじめ確認しておきましょう。全ては故人の供養のためです。間に合わせで済ますことなく、慎重に準備を進めていくことが望ましいでしょう。